SAP S/4HANA® マイグレーション最多実績の Syniti(シニティー)が ⽇本法⼈を設⽴し、7 ⽉ 9 ⽇配信開始の SAP NOW に出展

July 7, 2020

BACKOFFICE ASSOCIATES JAPAN 株式会社(称号︓Syniti)
東京都千代⽥区九段北 1-14-21-302
2020 年 7 ⽉ 7 ⽇

報道関係各位

 

SAP S/4HANA® マイグレーション最多実績の Syniti(シニティー)が

⽇本法⼈を設⽴し、7 ⽉ 9 ⽇配信開始の SAP NOW に出展

伊藤忠商事株式会社が⽇本第⼀号ユーザー事例」

 

(左から、伊藤忠商事原⽥様、伊藤忠商事浦上様、Syniti ⾼橋)

 

SAP のグローバルソフトウェアパートナー、Syniti は 70%以上(弊社調べ)の SAP ERP 顧客 の SAP S/4HANA へのマイグレーションのソリューションとして採⽤されているグローバルデ ータマネージメントソリューション企業です。

Syniti 社は、本年 4 ⽉ 1 ⽇に SAP の経験が⻑い髙橋 浩⼆⽒を代表取締役に迎え、SAP との協 業前提の営業戦略で⽇本市場への本格進出を開始しました。

⽇本市場ではまだ多くの SAP ERP 顧客が SAP S/4HANA®への移⾏を控えており、またコロナ 禍におけるニューノーマル時代の新たな統合データ分析基盤構築の機運も⾼まっております。

「SAP® Advanced Data Migration by Syniti, cloud edition」は SAP S/4HANA へのデータ 移⾏のみならず、過去 20 年以上のデータマネージメントの経験より、160 種類以上のデータソ ースを効率的に収集して構築する「データ統合基盤」の⽀援ソリューションとしても効果を発 揮するために、昨年 SAP と共同開発された新たなクラウドソリューションです。

 

1  つ⽬の特⻑は、多くの SAP 製品群の標準データテーブルを予めテンプレートとして保持して おり、SAP S/4HANA マイグレーションにおける 3rd Party 製品では唯⼀ SAP がサポートをす るソリューションであることです。

それにより、通常のツールでは⼀からデータの設定、マッピング作業が必要な⼯数が⼤幅に軽 減されます。

 

2 つ⽬の特⻑は、20 年以上のデータ移⾏ノウハウをベースに、IT、データサイエンティスト、 ビジネスユーザー、プロジェクトマネージャーなど、データ移⾏に関連する担当者のそれぞれ のタスクと、8 つの標準ステップが製品に組み込まれていることです。これにより、データ移 ⾏、データ管理のプロセスを全て Syniti 上で実施してリアルタイムでの作業進捗や承認履歴の 可視化が可能で、データのガバナンスに寄与します。

 

 

それらの価値と効果を認めた伊藤忠商事株式会社は、既に進んでいた海外拠点での SAP S/4HANA® Cloud への移⾏プロジェクトで採⽤することを 5 ⽉に決めました。

それらの価値と効果を認めた伊藤忠商事株式会社は、現在推進中の海外拠点への SAP S/4HANA Cloud 展開プロジェクトで採⽤することを 5 ⽉に決めました。

「伊藤忠商事株式会社では、海外現地法⼈および海外事業会社に展開している基幹システム (SAP ECC6.0)を、今後のビジネスイノベーションを⽀える DX プラットフォームに刷新すべ く、現在、プロジェクトを推進しています。約 50 拠点に展開していく本プロジェクトにおい て、円滑なデータ移⾏は⾮常に重要な要素の⼀つであり、Syniti 上に構築する標準/汎⽤的な移 ⾏スキームには⼤きな効果が期待できると採⽤を決断しました。加えて、グローバルな DX プラ ットフォームの構想下において、海外拠点のサブシステムにある膨⼤なデータとのシームレス な統合においても活⽤を⾒据えています。(プロジェクトマネージャー、原⽥修作様)

「DX で⽇本を⽴て直す 〜 事例に学び、ともに創ろう 〜」のテーマで 7 ⽉ 9 ⽇より配信開 始になる SAP イベント、SAP NOW /JSUG FOCUS (https://now.sapevent.jp/agenda/) では、Syniti 社は「セッションスポンサー」を決め、セッションルームでは、伊藤忠商事がど のような背景と⽬的で Syniti の採⽤に⾄ったのかを動画で配信致します。

BackOffice Associates 社(https://www.syniti.com/)は 1996 年にビジネスのデータ課題を 解決するために設⽴されました。社名は、従来データの管理はバックオフィス部⾨だったこと に由来しますが、データの役割は進化しました。今や役員室のテーブル上で経営判断するため の戦略的成⻑ドライバーになっています。 デジタル化された世界では、適切に管理されていれば、データは強⼒な資産になります。そし て、データをリアルタイムに活⽤している企業は業界を改⾰し、世界を形成しています。 そのため、昨年ブランド名を⼀新しました。 新しい称号である Syniti は、「Synergy と Infinite」を組み合わせた造語で、データとビジネスの相乗効果を⽣み出すことで顧客の無限の 可能性を引き出すことを⽬的とした企業を⽬指します。

Syniti ⽇本法⼈代表取締役である髙橋 浩⼆は、次のように述べています。「SAP ジャパン及 び⽇本のパートナーと協⼒しながら Syniti 社の最先端のデータマネージメントソリューション を多くの⽇本企業にご提供できることを嬉しく思います。⽇本企業ではまだ実現できてない“サ イロ化”されている様々なビジネスデータを SAP S/4HANA と蜜連携をすることで、⽇本企業が どのような環境下においても柔軟に対応して先端を⾏く世界のリーダーになるために貢献でき ると確信しています」。

【Syniti のアジアパシフィックジャパン代表取締役社⻑ Gordon Lam のコメント】 弊社はグローバル市場において過去数年間にわたり2〜3倍の成⻑を続けており、⽇本市場に はこの成⻑をリードする⼤きな潜在需要があると考えています。Syniti 社は、グローバルにお ける SAP S/4HANA 移⾏ソリューションで多くの実績があり、⽇本企業の経営スタイルや⾵⼟ に沿ったプロセスマイニングの活⽤による業務の⾼度化・⽣産性向上に貢献できると期待して います。また、代表に SAP 経験豊富な髙橋 浩⼆を代表に迎えることにより、その成⻑を⼀層 加速いたします。

【伊藤忠商事株式会社 IT 企画部 全社システム室⻑ 浦上善⼀郎様によるコメント】 この度は、世界の SAP 顧客に最も多く採⽤されているデータマイグレーションソリューション を提供する Syniti 社の⽇本法⼈が設⽴されたことを⼼よりお喜び申し上げます。⽇本の IT 環境 は「2025 年の崖」問題が経済産業省から指摘されている通り、⾃社開発による情報システムの ⽼朽化・複雑化・ブラックボックス化に直⾯する企業が多く存在しています。こういった情報 システムを維持しながらも業務⾰新を進め将来的には情報システムの刷新につなげる⽇本なら ではのデジタルトランスフォーメーションが求められていて、Syniti のソリューションはその ⼤きな推進⼒になるものと期待しています。

【SAP ジャパン株式会社 常務執⾏役員 クラウド事業統括 宮⽥伸⼀様によるコメント】 Syniti 社の⽇本法⼈設⽴おめでとうございます。SAP S/4HANA への移⾏を検討されているお 客様に対し、その移⾏を⽀援するソリューションとしての Syniti に⼤いに期待しております。

以上

 

本件に関するお問い合わせ︓

Syniti 代表 ⽒名 ︓髙橋 浩⼆

URL ︓https://www.syniti.com/jp

Email : Contact_Us_APJ@Syniti.com

No Previous Articles

Next Article
Syniti がブランド変革の 1周年を祝う

マサチューセッツ州ボストン 2020年5月15日 – グローバルに展開するデータ・ソリューション・プロバイダーである Syniti は、BackOffice Associates から Syniti へのブランドの...